バルセロナは、ガウディーの関連した建物が多い。
グエル公園、サグラダファミリアなど。この公園はガウディー公園という名称になっておかしくなかったが、この事業に資本投資したグエルという人の名前がつけられている。
建物を見たが、明るいものが多いような感じがした。
ガウディーが設計した建物や作品は、自然を利用したものがおおく、石造りの建物は柱に雨水が貯められ、水不足でも対処できるように設計したそうだ。
また、工事で出た廃材を再利用して作品を作ったというからすごい。
以前、美智子皇后がここを訪問された際、拳を動物の口の中に入れて写真撮影を受けたという逸話があるそうだ。
公園の中や高台から見るバルセロナ市内は朝ということもあり、見ごたえがあった。
人の流行りは時間とともに文化になり昔はお金持ちが選んだファッションセンスが文化になり現在に存在している。がしかし時代は2000年!我々のセンスはどう残されるべきなのか!?歴史をもうチョット勉強するとしよう。

Share

Comments

Leave a Reply