Christmas

Posted on, by | 12月 24, 2012 | | No Comments

すっかり寒くなりましたね。今年も人々が浮足立つイベントが近づいてきてますね。
そう、“Christmas”です。
皆様、今年のChristmasの予定は決まっていますか。決まっている人、決まっていない人、興味がない人いろいろですよね。

今更だけど、そもそもChristmasってなに?って思ったの。海外だとファミリーで過ごす習慣になっている日。日本では、男と女が一緒に過ごすことが習慣になっていて、この日が愛を表現する場と考える男性も多いのでしょう。サプライズを用意する男性も多いのかしら。
一方、女性はというとChristmasに男性の愛を量るタイミングにしている人も多いのではないかしら。
好きな男性にとっての自分の存在価値が、露骨にでる日でもあるのが日本のChristmasだから、それはそうよね。
特にChristmas Eveに大切な人と過ごすことができたかどうかが重要だったりするのよね。
でも、Christmas Eveに大切な人と過ごすことができたかどうかなんて関係ない女性がいるの。彼女たちにとってChristmasは稼ぎ時。一人でも多くの男性と会い、嘘でも愛を語り、世の中のどんな女性よりも自分があなた(男性)を愛していると言いきる彼女たち。
別れ際に寂しそうな表情をしたかと思えば、男性と別れた直後、次にあう男性に合わせた女に切り替わる「恋愛器用女」。
こんな女性見たこともなければあったこともない人は、幸せな人。
彼女たちは、金持ち男の周りに必ず存在する。
つまり、彼女たちにとっては、男とは愛情を注いでくれる存在ではなく、いかに自分に投資してくれる男であるかが重要。どれだけ目に見えるかたちで、お金・モノを提供してくれるスポンサーかということだけが重要というわけ。
彼女たちに共通している外見は、そこそこ美人だったり、そこそこ可愛いかったりする。性格はというと難あり。そして必ず送迎男子を持つ。Christmasも送迎男子の協力のもと金持ち男とのアポイントをこなすのよね。
そんな彼女たち、普段どのような生活をしているのか気になりますよね。これは一例だけど、業態がいまいちわからない会社の社長や、美容関係の会社の社長だったりする。
どうして会社の社長になれるかというと、『愛人契約』をしているケースが多い。
『愛人契約』を結んだ金持ち男(多くは妻帯者)。金持ち男にとってそこそこ外見のいい女性数人と付き合うことは、男としての一種のステータス。しかし、金持ち男にとって契約を結ぶ女は、都合がいい女ばかりとは限らない。金持ち男にとっては、大切なもの(地位・名誉・家族)は何がなんでも守りたいもの。しかし、それを脅かす存在になるのが『愛人契約』を結んだ女であったりする。実際に聞いた話、某大手広告代理店の部長クラスの社員N、彼は取引先から十数億の予算を毎年預かっている。恐ろしいことにその予算の数%が『愛人契約』を結んだ女のために使われている。男性の心理としては、「女性との『愛人契約』を自ら解消すれば、築き上げてきたすべてのものを彼女によって失いかねない。それであれば、自分の目の届く場所に置き、彼女が不満を言わない程度のお金と地位を提供したほうがよほど安心。あわよくば、結婚適齢期の女なら、別の男性と結婚するであろうから、それまでの間、面倒をみればいい」ということのよう。しかし、ここで彼に大誤算が生じる。彼女にとって重要なのはお金とモノ、愛情なんて興味がないの。だから、どんなに愛情を注いでくれる男性が現れてもなにも満たされない。一番の愛を注がれるよりも、二番でも三番でもいいから、お金とモノを提供してほしいというのが、彼女が本当に求めているものなの。
もちろん彼女だって、一日でも長く『愛人契約』を継続するために努力を怠らない。いわゆるアンチエイジング!若くきれいで居続けるために、自分磨きにはストイックなのよね。
お見事!!の一言だわ。
ちょっと話をもどすと、男性がなぜ女性にお金を提供できるかを不思議に思った人もいるわよね。いってしまえば巧妙な『横領』なんだけど、女性にお金を直接渡すわけにはいかない、明らかに使途不明金になるわけ。でも、まっとうな下請け会社を間にはさみ、その会社に仕事を発注、その下請け会社にそれらしい額の支払いをする。そして、その会社から彼女にお金を渡すというからくり。男性の会社には怪しまれずに、まっとうな取引としてみなされるけれど、りっぱな『横領』。
巧妙なやり口だけれど、取引先がその話を聞いたらどう思うかしら。考えただけでもぞっとする話。
この話のように、一見都合がいい女性、実は恐ろしい爆弾を抱えているということに、気づくことは相当難しいことなのでしょうね。

さて、男性の皆様、今年のChristmasサンタからのプレゼントが「『愛人契約』をする女性」だったら、心の底から喜べますか?

text by bikini
2012/12/15

Share

Comments

Leave a Reply