New Club Open! Ikebukuro “bed”

Posted on, by | 4月 1, 1997 | | No Comments

New York artist Eric Haze was guest of honour at the opening party of the new Ikebukero club, Bed, brought to you by the owners of Cave. Currently on his fourth visit to Tokyo,Haze was chosen as the venue’s design director, not only on the basis of his internationally recognised work but also his close links with the style and culture of hip-hop.

 既にストリート・シーンではその名を轟かせているN.Y.のグラフティ・アーティスト、エリック・ヘイズが、池袋にオープンしたCAVE系列2号店“bed”のオープニングパーティのゲストとして、4度目の来日をはたした。
 彼は、この新しいハコのの全体構成から斬新なネームロゴ、クラブ内の詳細に渡る装飾、そしてストリートウエアに及ぶデザインにおいてそのセンスを見せてくれた。

Eric Haze The Manhattan native is a veteran of the New York art scene, beginning his career at the tender age of ten via his graffiti work on the streets and subway of the city.

 マンハッタンロコというのは、N.Y.のアート・シーンでは有名だが、彼のルーツはストリート・カルチャーとアンダーグラウンドのヒップ・ホップシーンであり、彼がこの世界にハマったきっかけは、町中や地下鉄に塗りこまれたグラフティだった。
 今はアメリカでロゴデザイナーとしてその名も定着しているが、1993年から、ウェアやアクセサリー、家具なども幅広く手掛けている。

“Graffiti is a free forum for art.” explains Haze “I consider myself a pop artist, not only in the sense of popular art, but also in that it is art for the population.” A contemporary of pop art legends such as Keith Haring, Jean-Michel Basquiat and Andy Warhol, it was his contribution to the 1978 New York exhibition “New Wave- New York” that brought his work to prominence. Sharing their philosophy that art is for the masses he rejects the elitist hang-ups and “art for art’s sake” theory of the fine art world.

 彼は、「僕がグラフィティを描くのはアレコレ文字と遊びながら新しいロゴを創っていく、そのプロセスが好きなんだ。」という。また「グラフィティは、ギャラリーや美術館に比べて自由だし、簡単に人々が接する事ができる。僕はポップ・アーティストとしてメジャーになるよりは誰でも気さくに楽しめるものを創っていたいと思っているんだ。」と語った。
 彼のポップ・アーティストとしての経歴は、1978年キース・へリング、ジャン・ミシェル・バスキア、アンディ–ウォーホルらとのNYでのグループ展「New Wave – New York」において注目を集めたことに始まり、
アーティストとして交流を深め、影響し合った集団から離れてアートの真髄について彼自身のセオリーを開拓した。


“Art should be for the people,not just the rich.The value of art is so contrived- who’s to say a Picasso is really worth millions. Personally, I’d rather produce a million pieces of art for $1 than one for $1,000,000.”

「アートは金の為じゃなく、みんなの為にある。アートの価値はものすごく間違った方向に進んでる。誰がピカソの絵が何百億なんて値段を付けたんだ? 僕は一枚の絵に1億ドル払うよりも1ドルで一億枚の絵を買うよ。」

Haze’s logocentric work represents a vast array of seminal NY hip-hop labels such as Def Jam, Tommy Boy and Vortex Records. Rapper LL Cool J and the infamous Beastie Boys have also showcased Eric’s work courtesy of their album sleeves.

 ヘイズの斬新なアートワークは、DefJam、TommyBoy、Vortexといったレーベル・ロゴでm絶大な支持を得ている。またLL.COOL.JやEPMD、BEASTIE BOYSなど、数えきれないほどのミュージシャンのレコードジャケットのデザイン手掛けている。彼は音楽と現代アートの橋渡し的存在と言っても過言ではないだろう。

“In the mid-eighties music became the cutting edge medium for pop art and this allowed me to go back to producing art as an end product. When I design a logo for clothing or record sleeves my art becomes something tangible that anyone can own and goes back to the concept of art being populist rather than elitist. Graffiti and pop art are part of a visual and cultural landscape, not just something to hang on a wall.”
In 1993, Eric Haze launched his own clothing line and has now expanded to produce accessories and furniture.
“My inspriration to become a graffiti artist came from a love of the stylisation of the written word and letter- form which is what creating logos is all about.”

 最後に彼は「80年代の中頃からポップ・アートは、音楽と密接な関係を持つようになった。それによって僕のコンセプトにあったアートを制作していくことが出来たんだ。ウェアやレコードジャケットにロゴをデザインすることによって難解なアートから、人々が簡単に手にすることができるアートを表現できるようになった。 グラフィティやポップ・アートはただ壁にかかっているものじゃなくって、その時代のカルチャーを映していると思よ。」と語った。

text: Ester J.
translation: Yoshikawa from NextDoor

New Club Open! Ikebukuro bed

Share

Comments

Leave a Reply