Real India

Posted on, by | 9月 22, 2010 | | No Comments

僕が幼きころ、叔母にインドに旅行に行くなら年をとってから行くほうが良いといわれた事を覚えている。パリで知り合ったストリート・フォトグラファー、マニュー(エマニュエル)から写真が来た。なるほど、インドは今でもこんな感じなのか。僕が12歳のころインドへ行こうとしたのを止めた叔母の気持ちを今理解した。
でも最近また、この非条理の国の扉を叩いてみたくなったのはなぜなのだろうか?
人間が多くなっていくこの地球上で、人間の結末はこのようになるのか。
ハイテクに生きる人々と精神的に生きる人々の差が大きくなり、そして宇宙に目を向ける人々、エイリアンの人々。2100年にはどうなってるのだろうか?
地球上の人間が150億人を超えるときに新たな考えのある人間は、宇宙へ移住すると考えるかも知れない。とても夢があると答える人もいれば、ある人は現実的に宇宙不動産株式会社を設立しインターネットで広告を打つのも間違いない。
インドでは宇宙や神様との交信がはやり、日本では宇宙難民への寄付金を謳い、コンビニで酸素を売るのも時間の問題かも。

Share

Comments

Leave a Reply