2006年春夏 東京コレクションが始まった。
 青山 国立競技場 青山門にて佐藤氏のファッションショーが開催された。集まった人々は一目でコーシンデザインのファンと分かる奇抜なヘアーに黒のファッション。これが基本のコーシンフリーク達である。総勢1500人ぐらいだろうか、ショーを真剣に見つめる瞳の中にその心はあった。
 今回のコレクションは、ディレクターのMaiko Osawa, Music Mark Kamins Hair jun Furukawa,Lighting Norihiro Satohに委ねられて進行された。メンズデザインがベースの彼のコレクションだが、その中にたびたび登場するレディースファッションの艶やかさは、なんとも言えない雰囲気を醸し出し、見ている人々を魅了した。
 音楽は、世界のマドンナのリミックスプロデューサー、マークカミンズ。彼のハウスとショー演出は、今までに無い繊細なショーを実現した。

Share

Comments

Leave a Reply