chroma

Posted on, by | 10月 1, 2002 | | No Comments

 夏の武尊祭で見た永続的な『GURUGURU』映像……型にはまったイメージを持たず、一種独特のスタイルを持つchromaの映像作品を言葉で表現するのはあまりにも困難だ。
 chromaはRAF Design Lab.のグラフィックレーベルであり、その活動はグラフィック、VJ、Tシャツ制作など幅広い。渋谷ismで行われているRee.Kレジデントのレギュラーパーティー『GURUGURU NIGHT』では、空間演出の視点からサウンドとビジュアルという人間の感覚に最も訴えかける方法でプロデュースを行っており、真の価値を理解するものにとても評価の高いパーティーへと仕上げている。

 今回お話を伺ったhalさんに映像作品を見せていただいたが、直線と曲線の間で遊ぶ精密と斬新の両面を持つもの、愛に満ちた理想の世界を描いたもの、などイメージ性豊かなものばかり。「自分が遊んでいるときに作りたい映像が思い浮かぶんですよ」とhalさん。自分が遊んでいる最中に浮かんだものを作品化しているからこそ、その映像は遊んでいる私たちの中に自然と心地よく入り込むのだろう。

 限りないイメージと、何より心から楽しんで制作する姿勢を持つchroma。彼らの活動に今後も注目したい。

<SCHEDULE>
10/26 ”ポータラルカ” 名古屋APOLLO THEATER
11/01 ”ARch” 名古屋ダイヤモンドホール
KINOCOSMO “秋の仏血義理ツアー弐千弐” http://www.kinocosmo.com/

“クロマティセンター” http://www.RAF-dl.com/chroma/

Share

Comments

Leave a Reply