ザ.PTA さかさまつげ

Posted on, by | 12月 24, 2012 | | No Comments

ザ.PTA  さかさまつげ

第一話

大型スーパー桜田屋の前の交差点は何故か信号が青になったにも関わらず、車は停止したままで、大渋滞だった。夕方四時頃は買い物客で賑わう所だけに、事故?
山の手君子は ふと思い交差点に目を向けた。良く見ると交差点内には野菜、日常の買い物の品々が、散乱していた。一瞬、熊のぬいぐるみが、横たわっているように見えた。と思いきや巨体な女が倒れて転がっていた。その周りは人だかりで一杯だった。良く見るとその横には自転車いわゆるママチャリが横に倒れていた。籠の前にはPTAパトロールのプラスティックプレートが貼られていた。その巨体の女の名前は大家雅子だった。その人混みの中で一人ほくそ笑んでいる女が一人。山の手君子だった。すかさず携帯をバッグの中から抜き取るや否や、カメラモードにボタンを切り替えその凄まじい現場をしっつかりと写メの収めていた。勿論保護メールでマイピクチャに保存され、その日の内に数名に転送され題名は「トド交差点内で転ぶ!」と書かれていた。その同じ金曜日の買い物時間帯。ある出来事が起こっていた。午後五時、ある事務所の机の上にこれから何が置かれるのか?この日、信代は万引きでスーパーカクエツ配属の保安委員に現行犯で捕まった。
かっぱらった品が次々テーブルの上に並べられる。品は四品、健康食品、便秘薬わき毛そり、油取り紙。買い物かごにそれらはしっかりと正札が付いたままで盗んだのを目撃されたのだった。店長と保安委員の前で、土下座をして大粒の涙を流す坂田ミラヨが居た。初犯という事で幸い警察には通報されずに穏便に済まされた。もしこんな事が夫と学校は勿論、PTAにばれたらと思うと信代は震えが止まらなかっつた。だが、世の中そんなに甘くはなかった。丁度レジ付近に同じクラスの子の母親の十勝直美が偶然近くにいて事件の一部始終を目撃してたのだ。
直美はゴジラか幽霊でも見た位、驚き仰天した。思わず小声で「マジ!嘘でしょ!」すかさず脳裏にニュース、ニュース大ニュース!」普段から派閥で仲の悪い相手だけに、もう十勝直美は誰かに伝えたく、こちらは楽しい震えが止まらず、スーパーにママチャリを忘れ、家迄急いで帰った。

Share

Comments

Leave a Reply