過ぎてしまった目分のことは、なにひとつ、取り返せなくてもかまわない。
未熟な生命がゆえのことと一入きり泣いて、ほほ笑みを絶やさず、黙して語らず、ただ旅をゆけばいいもの。
それでも過ぎてしまった君の過去にきみが泣くなら、オレ達の祈りをどうか感じて。
オレ達の祈りは、決して言葉にはならないけどきっと、きみを慰める言葉が聞こえる。
オレ達の祈りは、種火なんだ。
オレ達の祈りは、痛みなんだ。
過ちなんで誰にあるし、嘘や裏切りなんて数えていたらきりもないけど、もし、一度、自分の重い悲しみを棚卸ししたければ、瞑想の森へ行って1週間考えてごらんよ。
なんのために嘘をついちゃったのか。
するとね、つい泣いてしまうんだよ。きっと、誰でも。
してもらったことの多さに比べて、してあげたことの少ないこと少ないこと。とほほ。
してあげたつもりで、ホントの相手の気持ちをどんなに知らずにいたか。
どんな嘘もなんてつまんないことか、それか、あの嘘はやっぱり死ぬまで突き通すべきか、そんな事がたくさん、たくさん思い浮かぶよ。
するとどうなるかというと、もちろん悟りなんて簡単に開けるよ。けれどね、オレ達は、現を捨てた坊主じゃないからね何もがもが無常で空の法を、ずいぶんひどい事されたり、また、つい大切な人を泣かせちゃったりしながら生き続けなきゃならないからね。何を悟ったつもりでも、一話完結のマンガやドラマや小説じゃない。明日、また生きていくんだもの。でも、重荷があるのなら、何度でも捨ててしまえばいいじゃない?
どうにもならない心なんか、捨ててしまえばいいじゃない?
優しい気持ちが生まれてくるのを感じるよ、プロメテウスの肝臓みたいに、捨てるハシから、綿のような心が生まれてくるよ。
オレ達は、とてもいかがわしい存在さ。
さっき、友達が来てアソンでた時、あの存在の恵む幸せは、誰にも一生与えられていて消去法のようになくなっていくのではないか?という話になったさ。
オレ達のようにアウトローな生活をしていて、ふっふっふ、と笑うふさけた奴等は、その行いゆえに幸せが帳消し、てなことになってんだよ、などとへらへらしながら、顔面蒼白。とほほ。
だから、オレ達はいつの日も、種火グループ。飛び火の願いはただの秘密。そして持続。

Share

Comments

3 Responses to “DR.TOMMY Ph.D WITH LOVE.むくろ”

  1. Dr.Tommy(河野朋久)
    9月 29th, 2010 @ 16:41

    DR.TOMMY Ph.D WITH LOVE.むくろ http://bit.ly/bKxhwm via @AddToAny

  2. Dr.Tommy(河野朋久)
    9月 29th, 2010 @ 17:43

    90年代後半〜2000年代前半に俺も連載していたFree Paper "SPEAK"のwebが出来てたのね!check!!/DR.TOMMY Ph.D WITH LOVE.むくろ http://bit.ly/bKxhwm 境界線午前4時 http://bit.ly/c7m2el

  3. Dr.Tommy(河野朋久)
    9月 29th, 2010 @ 18:04

    90年代後半〜2000年代前半に連載していたFree Paper "SPEAK"のwebが出来てたんだね〜check4649/DR.TOMMY Ph.D WITH LOVE.むくろ http://bit.ly/bKxhwm 境界線午前4時 http://bit.ly/c7m2el

Leave a Reply