speak.may.2013
“Le Boeuf Sur Le Toit” は21世紀の日本にジャン・コクトーの意思・哲学を伝えるプロジェクト。芸術を通じて「これからの新しい時代の生き方や芸術を見出す」をテーマに、思想を共にする世代を超えた人々の交流と、現代の日本の芸術や哲学、思想観の向上を目的とする。

*Le Boeuf Sur Le Toitとは、1920年パリ芸術黄金期にかつてジャン・コクトーがアーティスト達と通った居酒屋の名前

Le Boeuf Sur Le Toit プロジェクトホームページ

Share