Métro改革

Posted on, by | 11月 1, 2005 | | No Comments

メトロの戦略 〜US NEWS FLASH
2003年05月27日 米Cisco、パリの地下鉄での無線LANアクセス運用試験に協力。

米Cisco Systemsは、パリ交通公団の通信サービス子会社であるNaxos社と共同で、パリ市内の地下鉄の駅を使った無線LANアクセス・サービスの運用試験計画「Wi-Fi eXtensible aux Operateurs de Services(WIXOS)」を実施する。
Cisco社がパリで現地時間5月26日に明らかにしたもの。
パリは世界の中でも特に地下鉄の密度が高い都市で、市内に400の地下鉄の駅があり、各駅の間隔は平均550mしかない。
Cisco社は、パリ交通公団のもう1つの通信サービス子会社、Telcite社の管理下にある総延長4万kmの光ファイバの一部にスイッチング・アーキテクチャ「Cisco Metro Ethernet」を導入し、無線ネットワークを構築する。
[Read more…]

Share

 これはヤバイ、かなりヤバイ。ホントにヤバいんだって。
 去年の10月に法務省から「組織犯罪に対処するため」という名目で発表され、法制審議会刑事法部会で審議中のこの法案、体は組織犯罪対策なんだけど、その中に通信傍受の合法化が謳われてるから極めてヤバイ。 [Read more…]

Share

 やれマルチメディアだ、インターネットだなどとしきりに騒がれている昨今、クラブフライヤーもますます技術が向上しているように見受けられます。イベントをしきる皆が皆デザイナー発注してるとも思いませんから、これは家庭にコンピューターが普及したという一つの現れではないかなどと達観したりなんかしてますけど、いかんせんプロではないので、そのノウハウや効果(エフェクト)が解らなかったり、ワンパターンだったりでさぞかしお困りでしょう。
 という訳でそんな貴兄のために、今回から始まります「呑兵衛にマウス」では、フライヤー制作に於けるコツやそのままエフェクトなどを紹介してゆこうという目論見。
 初回である今回は、初台に鳴り物入りで建った時代錯誤のインテリジェンスビル「オペラシティ」2F、エレベーターホール脇のトイレ(大)から発信しております。イイんですったら、最近のトイレ。というのはウォシュレットの普及によるものなのか、公共のものでも割とコンセントがありまして、パワーブック1つ持ってこもるには格好の場所なんですね。集中もできますし、もちろんネイチャーコールにはすぐに答えることができます。 [Read more…]

Share

INTERNET is not OUR BLACK SHIP!

Posted on, by | 3月 1, 1997 | | No Comments

 21世紀まであと幾ばく年、やっと我らの社会にもコンピュ−タ−が一般的なモノとして存在するようになった。もう誰もそれを自由自在に使いこなす者に対して別人種のように扱ったりしないであろう。ある部分では数十年前ではSFでしか見れなかったような世界が眼前で展開している、紛れもない現実として。
[Read more…]

Share